2008年10月15日

小江戸カドヤおすすめ!梅乃天仁

世界三大長寿食、生梅の種を粉末として加工しました。 

 

昔より、梅の仁は天神様と呼ばれ、食べると五福を得、難を逃れると言われ、

硬い殻を割ってまで食べられてきました。

世界の三大長寿国での食生活の特徴として必ず入っている物質(ビタミンB17)が、

青梅の仁に多量に含まれており、ビワの種の60倍の含有量である事が発見され、

(製造元研究による)青梅の仁を特殊技術で、粉末にする事に成功しました。 

梅乃天仁450.jpg

 

品 名 梅乃天仁(うめのてんじん) 
内容量 300g 
原材料 生梅の種
製造者  カマタニ自然生活研究社
価格  3675円 

〇食べ方

〇健康によいわけ など

 

梅乃天仁仁粒.jpg
 
品 名 梅乃天仁(うめのてんじん) 
内容量 80g 
原材料 生梅の種
製造者  カマタニ自然生活研究社
価格  3675円 
〇食べ方 〇健康によいわけ など